河 内 音 頭 豆 辞 典(敬称略)
河内
大和(奈良)から見て、淀川の内側、つまり河の内ということで名付けられた、大阪府東南部の旧国名。769年に由義宮が置かれ、一時、奈良京に対して西の京とよばれたこともある。
南部を除いては土地がよく肥えており、戦後、急速に近代化されるまで一大農村地帯であった。
音頭
民謡用語では、多人数が一緒に歌う場合、きっかけをつくるために歌うので音の頭、音頭といったが、後には踊れそうな民謡には形式にかまわず音頭とよぶようになった。
全国的に有名なものには、沖場音頭(ソ―ラン節)、秋田音頭秩父音頭、伊勢音頭、江洲音頭などがある。
河内音頭
河内地方に古くから伝わり、現在も歌いつがれている音頭形式の、すべての盆踊り唄。 
諸説 その@―河内の英雄である楠正成の長子・正行が1348年、四条畷の合戦で自害したのを、家来の和田賢秀が手厚くほうむって念仏踊りにした。 
そのA―1385年、八尾市の常光寺が建立された際の木遣唄である。そのB―河内の農民を水害で苦し
めていた大和川のつけかえ工事が1705五年に完成し、豊作をいのった祝い唄。
そのC―かっては「江州八日市祭文音頭」とよばれ ていた江州音頭の亜流説。 

一般的にCが有力とされているが、多種多様な地節(河内の各所に伝承されている独特な節回し)を聞いていると、江州音頭とは異質な起源をもつようにも思える。盆踊りそのものが、庶民の娯楽の対象になったのは江戸 時代中期なので、河内音頭が民間にしっかり と定着したのは約200年前であると考えるのが妥当であろう。
流れ 河内には、その昔121の村々があり、盆踊りの季節になると、それぞれの村がよそと一味ちがった音頭を競いあった。
それが交野節、歌亀節、切り音頭、平音頭、半黒節、流し音頭、六郷音頭、ヤンレ―節、梅吉節などだが、部分的な改良を加えながら伝承され、また消滅の運命をたどってもいる。
これらの音頭を、伝承河内音頭とよび、正調○○節保存会というグル―プが、昔ながらの節を守り、現在もその地区の盆踊りの櫓で披露している。
その伝承河内音頭の中で魅力的だったといえる2代目歌亀の節をベ―スに、浪曲的な要素を加わえ、大正3年ごろ初音家太三郎が発表したのが初音節である。この初音節以降の、 浪曲河内音頭ともよばれていた音頭を、伝承河内音頭に対して、現代河内音頭と区分している。
革命児
鉄砲光三郎
昭和30年代、大阪の一民謡にすぎなかった河内音頭を全国的に広めたのが鉄砲光三郎である。ジャズやマンボのリズムでテンポアップした鉄砲節は、音頭界を凌駕し、当人も東京や大阪の大劇場に進出するなどして、スタ―ダムにのし上った。
そして昭和40年代後半、2代目三音家浅丸が太鼓、三味線という和楽器と、エレキギタ―との見事な調和で、より一層エキサイティングな音頭を確立した。河内音頭が、語り物芸としてばかりか、音楽性を高く評価されるのは、この2人の功績が大きい。
スーパー
スター
かっての鉄砲光三郎がそうであったように、現在、河内音頭といって、誰もが思い浮かべるのが、河内家菊水丸である。
各地の盆踊り大会でも菊水丸がゲスト出演した櫓には多くの観衆が集まり彼の出番が終ると潮が引くように客が帰るというシ―ンをよく見かけた。
次から次へと新聞詠みや古典を発表し、エネルギッシュな活動を展開しつづけ、河内音頭と自己とを強烈にアピ―ルする姿勢は、驚嘆に値する。その存在感からして、いまの河内家菊水丸は、上方芸能界を代表する一人といっても差し支えあるまい。
盆踊り
7月20日ごろに始まり、8月15日前後の1週間をピ―クに約40日間、河内地方のみならず大阪府下全域、奈良、和歌山、兵庫の一部でくりひろげられる。昨今では夜通しの櫓は稀になり、午後8時から11時までの盆踊り大会が多い。この間、もちろんぶっ通しで河内音頭が演唱される。
大きな社中は二つ、三つと櫓をうけもつことがあり、人気のある家元は自らの櫓は当然ながら、他の櫓へのゲスト出演で一晩中走りまわる。

踊り手たちは演者やらリズムに応えて、手踊り、豆カチ、マンボ、最近流行の兆しをみせている韓国マンボの四種類を踊りわけ、時にはそれぞれが列をなして乱舞する。
百流派
櫓のスタ―である音頭取りたちの社中は、百あるといわれる。
しかし一夏に20以上の櫓をとりしきる社中もあれば、1つだけの社中もあり、規模も歴史もさまざまなら、そのトップである家元の実力も人気もピンからキリまでの、かなりの落差がある。    
では、百ある社中がそれぞれに独特の節を有しているかといえば、伝承河内音頭の社中はともかくも、判然とした差異は認められない。ある家元の代表作を、他の流派の弟子が了解を得て歌うことがよくあるので、各社中の個性がますます乏しくなってしまう。
こうしたアバウトが、河内音頭界の特色の一つともいえるのだが……。
プロとアマ
音頭取り、太鼓、三味線、ギタ―のサイドとよばれる演奏者(大半が音頭をとる)、お囃子の、櫓にたつ音頭関係者は千五百人をこえるといわれている。その大部分が職業をもつアナチュアもしくはセミプロで、「一夏で一年くらす」プロは、鉄砲光三郎、初音家賢次、鉄砲博三郎、五月家一若、生駒一、河内家菊水丸をはじめ十名ほどいるだけである。
そして、そのプロと拮抗する芸達者なセミプロやアマがいるのが、河内音頭界の不思議なところである。
河内人気質
今東光の小説世界では、えげつなく、色と金に目のない欲深い人間の集まりのように描かれているが、かなり誇張されており、河内人の気質が歪曲して伝わっている面がある。確かに感情の振幅の巾が大きく、エネルギッシュで、表現力がゆたかなので、誤解されがちだが、その実、愛情がこまやかで深く、現代の日本人が失いつつある純粋なるやさしさをもちあわせている。そうした土地柄ゆえに、河内音頭が生まれ、育ってきたわけである。

 河内音頭五月会トップへ